BLOG

あなたの知らないもうひとつのダイヤモンドあなたの知らないもうひとつのダイヤモンド

Warm Heart Cool Head 経営ゼミ

Mother Houseというカバン、いやファッションブランドをご存じでしょうか?

製造をバングラディッシュやインド、インドネシアなどで行い「途上国から世界に通用するブランドを」というスローガンを掲げ、カバンを始め、アパレル、ジュエリーなどをオンラインはもちろん国内外に販売する店舗を展開しているブランドです。

代表の山口さんはTVなど多数メディアに取り上げられ、彼女の生い立ちからブランド形成、これまでの道のりは書籍化され多くの人に影響を与えています(私もその一人です)。

そのMother Houseの副社長である山崎さんが主催する経営ゼミを今年の1月から半年間にわたって受講していました。

20人ほどの選抜メンバーで構成されるそのゼミは、大企業で働くひとから、スタートアップ、社会問題を解決しようとする起業家までさまざまでした。

2週間に一回、夜に3時間程度。

山崎副社長のブランド形成理論と経験談の講義を受け、受講者同士で意見を交わすというスタイルです。

「教えられる」という意味で、大学時代に戻ったような懐かしい感覚があります。

コロナの影響で全講義zoomオンラインではありましたが、メンバー間の年齢が近いこともあり、そして何よりそれぞれが何からの組織のトップ(あるいは中枢)にいることで話も、心も通じ合うには時間がかかりませんでした。

ブランド形成に何が一番大事なのか、、、さまざまな要素がありますが、このゼミを通じて感じるのはファンであり、仲間であり、横の関係の必要性です。

そこには「お客様ファースト」ではなく、そのブランドで働くスタッフ含め、共感であり、共同のような関係性です。

それはまた、SNSが発達した今の時代だからこそだとも思うのです。

そして私のような会社を受け継いだものの場合、まわりの人が仲間になりやすい環境や仕組みをまずは整えることが大事なのでは感じています。ゼロからはじめる人と比べれば、モノ、設備、技術、社歴、(多少の)お金そしてスタッフがそろっていることは明らかに下駄を履いた状態です。

それを最大限生かして、仲間やファンになりやすい素地を作れれば、横の関係性、ブランド幹はきっと強固なものになるでしょう。

自分のまわりを大切に。

ブランドマネージャー 北川大輔
ANOTHER DIAMOND
https://anotherdiamond.jp