BLOG

あなたの知らないもうひとつのダイヤモンドあなたの知らないもうひとつのダイヤモンド

大学入試共通テスト

全国の受験生が共通に受けるテスト。これまで「大学入試センター試験」といっていましたが、今年から思考力重視の「大学入試共通テスト」になりましたね。私も20年ほど前にセンター試験に向けて勉強をし、とても緊張して受験したことを懐かしく思い出します。

さて、昨日の新聞にはこの共通テストの内容と解答がのっていましたが、物理の試験の中にダイヤモンドの設問がありました。ブリリアントカットされたダイヤモンドに光が入り、中で反射し、そして分光する仕組みが理論と数式をもって問われていました。

私はいわゆる文系で理系科目にあまり多くの勉強時間を割くことはありませんでした。その後大学は経済学部で、物理とはほぼ無縁な人生を送っていましたが、いまはダイヤモンドの光について物理的な理解も必要な立場です。

将来、子供たちからこんな質問をされるかもしれません。

「なんで社会に出てから使うことがないような勉強までしなくちゃならないの?」

いまの私ならこう答えると思います。

「たぶん社会にでてから使うことがない勉強がほとんどだと思うよ。でも、そのほんの一つだけでも使うことが将来あるかもしれないね。全く知らないより、ほんの少しでも知っていたら自分からちょっと調べて考えてみようかなとパパは思うよ。そのための勉強かもしれないね。」

少しだけでも知っていたら、将来何かわからないことがあったとき、自分で調べて、考えて、想像するきっかけになることでしょう。それは知識だけじゃないと思うのです。例えば、いま読んでいる本の著者が誰なのか?インターネットなどで写真の顔を少しでも見たことがあれば、その本への理解や想像は違ったものになるでしょう。

少しでも知っていることは可能性を広げる意味で大切なことかもしれません。

ブランドマネージャー 北川大輔
ANOTHER DIAMOND
https://anotherdiamond.jp