BLOG

あなたの知らないもうひとつのダイヤモンドあなたの知らないもうひとつのダイヤモンド

レーザー加工が及ばない領域

最近、工業系の展示会に行くと1億円以上する高価なレーザー機械が展示してあったりしています。それらで天然ダイヤモンドも加工できるところまで現在の技術は進歩しており、工業系の分野ではダイヤモンドの加工もますます研究開発が進むと思われます。

一方ジュエリー向けでダイヤモンドにレーザー加工が施される場合は、主にマーキング・刻印です。宝石として輝かせるための面を作るためには使われません。レーザーではそのような面を作れないのです。

なぜでしょうか?

ダイヤモンドには結晶方向という繊維のような目があります。この方向に沿って強い弱いがあり、弱い方向を見つけてダイヤモンドの粒子をぶつけて研磨しています。この結晶方向は人工ダイヤモンドであればあらかじめわかっているのですが、天然ダイヤモンドの場合そうはいきません。原石の形を見てだいたいこの方向というふうに検討をつけることはできるのですが、それも必ずそうではなく、さらに研磨途中に変わってしまうことがよくあります。職人はその結晶方向を見極め微妙に調整しながら研磨しているのです。

レーザーは、少し乱暴な言い方をすると、その方向を無視して無理やり加工しているようなもので、職人の手仕事による研磨と比べると表面のきれいさ 輝きに差が出てきます

ダイヤモンドの研磨方法は基本的には世界中どこに行っても同じで、何百年と続いています。工芸品がそうであるように自然のものを美しさという点で昇華させる過程で人の手を離れることはこの先もないと思うのです。

ANOTHER DIAMOND ブランドマネージャー 北川大輔

———————————————————————————————————————————
ANOTHER DIAMOND / あなたの知らないもう一つのダイヤモンド
プレゼント 婚約指輪 記念日 サプライズ ダイヤモンド オリジナル
世界に一つ オーダーメイド 30代 40代 男性
———————————————————————————————————————————