BLOG

あなたの知らないもうひとつのダイヤモンドあなたの知らないもうひとつのダイヤモンド

ニューヨークで選んだダイヤモンド

ANOTHER DIAMONDで扱っているダイヤモンド原石はすべて日本の専門商社から購入しています。日本ではダイヤモンドは採れませんから、その商社は海外に買い付けに行くことになります。そこはダイヤモンドの採掘所ではなく、取引所になり、世界では4つの都市がメインになっています。アメリカ・ニューヨーク、ベルギー・アントワープ、インド・ムンバイ、イスラエル・テルアビブ ダイヤモンドで有名な会社デビアスの創設に関わったのがユダヤ人であるように、日本人にはあまりなじみのないイスラエルもダイヤモンドの世界では大きな役割を果たしています。

写真はニューヨーク・マンハッタンのダイヤモンド通りです。宝石販売店とダイヤモンドの取引会社がこの通りに集中しています。通りの初めにダイヤモンドのモニュメントが二つ立っているのが象徴的です。

ANOTHER DIAMOND立ち上げにあたって、昨年ダイヤモンドの仕入れの元会社にあたるある取引先へ訪問しました。ブランドの方向性やこれから必要になるダイヤモンドの傾向などの打合せと同時に多種多様なダイヤモンドを見せてもらいました。その中で一つ、気になった原石がありました。

何が気になったかというのは表現し辛いのですが、部分部分で赤や茶色を見せる独特の色合いや、鋭い線と小さな三角形からなる自然の産物としか言いようのない表面の模様、全体として醸し出す雰囲気に引き付けられたのです。そのダイヤモンドを譲り受け、後日うちで外周のみ研磨をして、ブラックライト(紫外線)をあててみました。

すると、驚くほどに黄色、それもグラデーションのかかったような鮮やかな傾向反応をみせてくれたのです。蛍光反応は前の記事にも書いたように原子の不規則な配列が原因とされていますが、はっきりとは解明はされていません。自分が選んだダイヤモンド原石に隠れた才能(?)があったことに驚きを隠せません。もちろん自分だけで楽しむのではなく多くの人に知ってもらいたいし、またジュエリーとして身に着けてもらえればこの上もなくうれしいです。

このダイヤモンドも5月13日の石フリマ@浅草で出品予定ですので、ご都合があえば是非お越しください。私もダイヤモンドもみなさんとお目にかかれるのを楽しみにしております。

ANOTHER DIAMOND ブランドマネージャー 北川大輔

———————————————————————————————————————————
ANOTHER DIAMOND / あなたの知らないもう一つのダイヤモンド
プレゼント 婚約指輪 記念日 サプライズ ダイヤモンド オリジナル
世界に一つ オーダーメイド 30代 40代 男性
———————————————————————————————————————————